SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

カウンセリング未満

自らの生き様を心理カウンセラーの観点から綴った半生記、日常生活に役立つEQトレーニング講座・セルフカウンセリング講座など。
<< 喫煙室考(上) | main | [1]人は何故、失敗を繰り返すのか? >>
喫煙室考(下)
【注意!この記事及び僕は、喫煙を推奨するものではありません】

「喫煙室考(上)」では喫煙室に関する弊害について書きました。
今回は、非難を承知で、喫煙室がもたらした恩恵について書きたいと思います。と言うか、僕自身が禁煙室に救われたという、きわめて個人的なケースと受け止めて下さい。

今でこそ全館禁煙になってしまいましたが、僕が手術のために入院していた頃、病院にはまだ喫煙室が存在しました。
この病院には喫煙室が2箇所あって、一つは階段下の半地下の薄暗く狭いところ。ここは病室から近いのですが、緊急時(?)以外は滅多に利用しませんでした。
もう一箇所は、8階建ての病棟の屋上にあり、大きな窓があって明るくて広いところ。もちろん僕は、こっちの屋上喫煙室がお気に入りでした。

入院中の僕は、起床時(6時)・朝食後・10時・昼食後・3時・夕食後・消灯前(9時)と、やたら規則的に喫煙室に通いました。友達や会社の人がお見舞いに来ない限り、2ヶ月の入院中、一日7本というこのペースはまったく変わらなかったのだから、今から思うと驚きです。

やがて(と言う割と直ぐ)、顔見知りの入院患者が出来ました。
名乗りあわなくても、お互いの病状などにも精通するようになって、不思議な連帯感が生じました(常連同士ですね)。たぶん患者は喫煙室でなくても比較的、話し好きになると思うんです。やはり退屈だし、同病相憐れむってヤツかなと思うのですが。

ここで僕は色んな患者さんと出会いました。
直腸癌で人工肛門になった人を、みんなで励ましました。
理不尽な看護婦さんの話題には、みんなが共感しました。
いつも彼氏がお見舞いに来ていた若い女性の死を、みんなで悼みました。
入院前に丸刈りにして、いつもバンダナを巻いていたおじいちゃん。
双子のような他人の患者さん(最初勘違いして、みんなが馴れ馴れしく話しかけた)。
辛い治療や後遺症で悩んでいた人も少なくなかったはずなのに、喫煙室はいつでも明るいお喋りが絶えませんでした。

僕は、とにかくこの喫煙室での雑談が楽しみでした。
抗癌剤のせいで、何も食べられずとんでもなく気持ちの悪かったときも、煙草も吸いたくないのに喫煙室には行きました。
実は白血球が減少してベッド上安静の時(無菌室一歩手前)も、看護婦さんに見つかって咎められやしないかとドキドキしながら、それでも喫煙室通いはやめませんでした(無謀だったなぁ)。

これは癌患者だけの問題ではないと思うのですが、会う人、話す相手が健康な人や医療従事者だけ、と言う状況って、なんだかとても孤独になるんです。病状を比較したいとかそういう事ではなくて、辛い治療で落ち込んだり、看護師や医師の無慈悲な処置に憤慨したりしているのは自分だけではなかった、この境遇の共有体験は、入院生活のQOL向上にとても貢献していたと思うのです。

しかし、お気に入りだった屋上の喫煙室は、今は喫煙テーブルが撤去されただけで、木製のベンチがコの字型に置いてあるだけの空間です。
定期検査の度に行ってみますが、パジャマ姿の入院患者さんを見る事はあまりありません。たまにいても、一人黙って座っているだけです。
僕が再発転移して、再びこの病院に入院するかと思うとゾッとします。

もちろん、娯楽室や図書室でも同じ機能は果たせたのかもしれません。事実、そういう病院もあるのでしょう。
でも、それにしても、あの禁煙室での出会いがとても懐かしいのです。
誤解を恐れず言いますが、あの時、僕は煙草が吸えてホントによかった、ホントに救われました。

病院は、禁煙室のような偶然の産物ではなくて、患者同士が気軽に集いコミュニケーション出来る空間作りを考えてみてはどうなんでしょうか?
入院生活のQOL向上は、設備や医療従事者の質だけが問題じゃないと思うんです。
閉じられた空間で、自分一人じゃないということ、同士がいるということ。そして「痛みを知る人間が人の痛みをいたわる」と言う、病院でしか起こりえない出会いを、大切に出来る仕掛けがあればいいなと、僕は心から願います。
| 社会論の試み、もしくは雑文 | 23:31 | - | trackbacks(0) | pookmark |
http://mind.cocorono.com/trackback/122635