SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

カウンセリング未満

自らの生き様を心理カウンセラーの観点から綴った半生記、日常生活に役立つEQトレーニング講座・セルフカウンセリング講座など。
<< [4]どうやって怒りをおさえていますか? | main | [6]冷たい人だと言われることはありませんか?(上) >>
[5]どうして気持ちが空回りするのか?
気持ちが空回りした経験はありませんか?
自分はやる気満々なのに、なぜか周りが白けていた。
頑張って一所懸命やったつもりだったのに、誰も一緒にやってくれなかった。
「いつもそう」とか
「そういうこともあったなあ」とか
「あまりない」など、色んな答えがあると思います。

今回は「いつもそう」「そういうことが少なくない」という方へのお話。

EQの8つの力の一つ「受け容れる力」は3つの要素で構成されています。
(1)本音で話す方ですか?(オープンネス)
(2)人の気持ちを察する方ですか?(情緒的感受性)
(3)周囲に気を配るほうですか?(状況モニタリング)
               ※( )内は、(株)EQジャパンによる分類法

いつも気持ちが空回りしているあなたは、
誰とでも打ち解けて本音で話す方だけど(オープンネス)、
人の気持ちを察するのが苦手(情緒的感受性)で、
周囲に気を配るのを忘れがち(状況モニタリング)なのかも知れません。

つまり、あなた自身は表裏なく人と接することが出来るのですが、残念なのは「場の空気」を読んでいないのです。

例えば、友達と話が盛り上がっているときに「その話、興味ないんだ」と言ったとします。
あなたは、開けっぴろげだし嘘は嫌いだから、思ったことを思った通りに友達に伝えただけです。そうするのが自分に正直だし、一番いいと思っているから。

でも残念ながら友達はそうは受け取ってくれません。
「あのコがいると白けちゃう」と陰口叩かれるのがオチです。

逆のケースもあります。
友達と遊び疲れてみんなが無口になってるときに「ねえねえ、盛り上がろうよ!」と一人はしゃいでも、きっと誰も乗ってきてくれないし「ったく、ウザイやつ」と思われるだけでしょ。

でもこのケースでは、なんだかどんよりしているその場の空気を、あなたは変えたいとし思っただけなんですよね。
だから、あなたは自分中心に友達を振り回そうとしたわけではなく、あなたなりに、みんなのことを思っての発言だったわけです。

ところが何故か、あなたの誠意はまわりに伝わらない。

この「気持ちが空回り」の問題点は、「この辺がたりないよ」と誰かに指摘されても、元々あなたは必要ない、または正しくないと感じているので、改善への気持ちの切り替えが難しい、というか、何が問題なのかが理解出来ないことにりあます。

何しろあなたは、自分は裏表なくオープンで、誰とでも本音で話すタイプだと自覚しているから。
嘘は付かないことが、あなたの信条であり美徳なのです。
だから[周りに気を配る]<[周りを気にする]<[人の言動を監視する]といった感じで、思い込みを激しくしているのではないでしょうか?

しかし、あなたは、気持ちが空回りしていることを感じています。
そしてそれは、淋しくもあり、悔しいことでもあります。

だから、出来ればなんとかしたいとも思っている。

この思い込みから解放されて、より豊かな交友関係を築くためには、日常の様々なシーンをふり返り、一つ一つ検証していく作業が大切です。
具体的には、「意識して」人の気持ちを思い描いてみるのです。
そしてここでも「5秒待つ」のです。

例えば、あなたは今日、とても良いことがあって、誰かに話したくてうずうずしています。
夕方、友人と会うことになっているので、会ったら絶対自慢しようと思っていました。
今までのあなたなら、会って席に着いた途端、一気に喋り始めたでしょう。

しかし今は違います。
直ぐにも話したいけどぐっと我慢して、頭の中で5秒カウントしながら、友達の様子を観察しました。
あれ?なんだか元気がないなー。風邪でも引いちゃったかな?なにかイヤなことでもあったのかな?
そう感じたあなたは、自然と「どうしたの?元気ないみたい」と問いかけます。
すると友達は、びっくりしたように目を見開くと、やがて泣きそうな感じで、恋人が浮気しているらしいと、話し始めました。

どうですか?
友達の様子を気にしないで、自分の喋りたいことを得意げに喋っていたら、どうだったと思います?

友達はひとしきり喋ると、あなたに感謝しました。
「ゴメンね、つまんない話、聞かせちゃって。でも気を遣ってくれてありがとう。嬉しかった・・・」

この変化は、あなたの性格が変わったからではありません。
あなたの持つEQを構成する一つの要素が弱かったので、そこを強くしようとあなたが自覚して学習した結果によるのです。

EQは性格論に陥ることなく、弱い部分を意識して強化する、反対に、強く出過ぎる部分は意識して抑制する、そうすることによって、まるで性格が変わったかのように、人間関係を豊かにすることを目標とします。

誰もが一度で自分を変えるなんて事はできません。
意識して一つ一つ繰り返して、実体験して、人の気持ちを観察することは悪いことではない、それどころか、自分に正直であるのと同等に大切なことなんだと、自分自身で気付いていけば、その気づきは間違いなく、あなた自身のものになるのです。
| EQトレーニング講座 | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://mind.cocorono.com/trackback/168852