SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

カウンセリング未満

自らの生き様を心理カウンセラーの観点から綴った半生記、日常生活に役立つEQトレーニング講座・セルフカウンセリング講座など。
<< 自分への癒しの試み[08]-鬼の所業 | main | 自分への癒しの試み[09]和解の準備 >>
「今年の目標」は?
何をやっても上手くいかない
失敗ばかりを繰り返す
目標を達成できたためしがない

自分はそんな人間だと感じている方に、
ちょっとしたヒントとして、
「今年の目標」の立て方について考えてみたいと思います。

まず、わたし自身の体験談です。

わたしは中学から20代前半まで、
年頭に必ず「今年の目標」を掲げていました。

ところが大変恥ずかしい話なのですが、
わたしはその目標を達成できたためしがなかったのです、
ただの一度も!

この結果はかなりのダメージでした。

毎年のように繰り返される失敗がボディプローのように効いてきて、
わたしはとても消極的な(受け身な)人間になってしまいました。

その頃の心境を思い出すと、
「目標を立てるから失敗する」
「望むから叶わない」
「本当にやりたいことは何もできない」
という悪循環、そのものだったのです。

しかし、冷静に当時の自分を分析してみると、
わたしは「失敗すべくして失敗して」いたことに気付くのです。

つまり言い換えると、
「達成できないことが容易に予測可能な目標を立てていた」だけなのです。

それはどういうことか?
当時はまったく考えもしなかったのですが、実はとても単純なことでした。

たとえばこれは、中学3年の時のとても恥ずかしい「今年の目標」です。

「彼女を作る」

これだけです(笑)
高校受験は合格が大前提ですから目標にすらしていませんでした。

現代とは事情が全く異なると思うのですが、
30年前、中学生で男女交際している者は皆無に等しかったのです、
北関東のわたしの周りでは。
高校に上がっても状況は同じです。
高校時代、一人も彼女がいなかった友人を何人も知っています。

そんな時代に「彼女を作る」ただ一つを一年の目標にしていたのです。
叶う方が難しいと思いませんか?

次ぎに高校1年の時の「今年の目標」です。

「作家デビューする」
「コンサートを開く」

当時は小説家に憧れ、
同時にギターの弾き語りに夢中になっていた時期です。

「思えば願いは叶う」
という考え方があります。
これは反面教師的な意味合いが強いと思うのですが、
「行動しなければ何も変わらない」という真理を
端的な言い表した言葉だとわたしは受け止めています。

しかし「何」を「どの程度」思えばいいのか?
やはり世の中には「無謀な願い」というものがあるのです。

物語を考えるのは好きだったけど、
まとまった作品を一度も完成させたことがない。
ギターも歌も独りよがりで全然上手くない。

わたしはそんな、無謀な願いを「無謀にも」一年の目標として掲げ続け、
そして自信を失っていったのです。

まさに「失敗の法則」の好事例なのでした。

次ぎに、昨年のわたしの「今年の目標」とその達成度です。

目標15件に対して、
達成できたのが12件。
未達成が3件でした。

ぜひここで、あまりにかけ離れた目標数に注目してください。

高校1年の時は2件です。
それがいまでは15件なのです。

昨年はたまたま高い達成度でしたが、
仮に達成度が60%だった場合、
達成は9件、未達成が6件となります。

逆からみると6件、達成できなかった。
6件「も」達成できなかった。
この数は、高校1年の未達2件の実に3倍です。

ところが受けるダメージは天地ほど違うと感じられませんか?

それは何故か?
失敗もあるけど、
達成できたことも確実にあったからに他なりません。

つまり「成功体験」を有しているからなのです。
これはこころのゆとりを生みます。
心のゆとりがあれば、未達成の目標に対しても素直に原因分析ができるし、
何よりも再チャレンジ、もしくは軌道修正ができるのです。

目標が「彼女を作る」だけでは、分析も軌道修正もできません。
翌年も運に任せて再チャレンジだけです。

これはわたしの実体験です。

「一時が万事」と古くから言われていますが、
なにも自ら進んで、一回の失敗や未達成で、
自分にレッテルを貼ることはないのです。

わたしは大袈裟な目標を立て、
立てただけで計画的に行動することもなく、
「自分はダメだ」とレッテルを貼り続けていたのです。

どうでしょう、
「自分と似てる」と感じた方はいらっしゃいますか?

さて、沢山目標を立てた方がいいとは言っても、やり方にコツがあります。
それは、幅広く目標を立てるのではなく、
思い浮かんだ1つの目標を深堀して、細分化して、展開していくのです。

仮にわたしが今「コンサートを開く」を目標とするなら、こんな感じです。

○週に1回以上練習する
○毎月、家族か友達に聞いてもらい、評価してもらう
○コンサートを開けるライブハウスを探す
○ライブの集客方法を研究する
○会社(学校)で案内し、反応をみる
○健康ランドのカラオケ大会に出場し、度胸を付ける
○3・5・7月に、駅前で路上ライブを体験してみる
○12月にコンサート開催

実は、目標とは「達成するまでの過程」でもあるのです。

この「コンサートを開く」が目標であるなら、
会場を借りてコンサートを開くまでもなく、
路上ライブで一定の達成感と満足感を味わえてしまうかもしれないのです。

またはカラオケ大会で辛口の批評を受け、
自分には過ぎた願いだと納得できるかもしれません。

しかし「コンサートを開く」が単に叶わなかったときと、
目標に至るプロセスをじっくり把握できることとでは、
気持ちのありようがまったく異なるのです。

何も行動しないで目標を達成できないだけでは、
ただ自分が惨めになるだけです。
わたしはそれを嫌になるほど体験してきました。

かつてのわたしのように立てた目標がいつも叶わないと思ってる方。
試しに「今年の目標」を立ててみてはいかがですか?

ちなみにわたしの「今年の目標」は、19個になってしまいました。
「数打ちゃ当たる」じゃないですが、
これだけ用意すれば、
どんなことがあっても最低1つは実現できると思いませんか?
| 社会論の試み、もしくは雑文 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://mind.cocorono.com/trackback/234039